榕樹書林

20 アジアの海の古琉球―東南アジア・朝鮮・中国 

Category : 琉球弧叢書

書籍名 20 アジアの海の古琉球―東南アジア・朝鮮・中国 
ISBN番号 978-4-89805-133-7
定価 5,280円(本体4,800円、税480円)
販売価格

5,280円(本体4,800円、税480円)

購入数

内田晶子・高瀬恭子・池谷望子著 『歴代宝案』『明実録』『朝鮮王朝実録』からみえてくる古琉球の実像に新しい光をあてる。 310頁 定価(本体4,800円+税)

〈目次〉

まえがき・・・高瀬 恭子

第一部 琉球と東南アジア・・・内田 晶子
 一、『歴代宝案』にみられる琉球船の渡航先
 二、琉球船が東南アジアへ出た理由を考える
 三、明の「開洋」の謎

第二部 琉球と朝鮮
 一、朝鮮への琉球国王使
 二、捏造された「久辺国」
 三、「志魯・布里の乱」とは
 四、首里城は炎上したか
 五、第一尚氏最後の王「中和」
 六、漂流民万年と丁録
 七、十五世紀の先島
 八、蔡欧箸いγ
 
第三部 琉球と明
 一、大琉球と小琉球
 二、南京・北京と行在−明初の貢使はどこへ入朝したか
 三、明初、琉球はどこから入貢したか−進貢船は寧波・瑞安・福建へ来航
 四、琉球へ来航する明の密貿易船−黄蕭養の乱と明の海防対策
 五、福建市船司−設置から廃止まで
 六、貢使たちの明での日々−朝貢の手続きと儀礼の実際
 七、誰も知らない会同館の歴史
 八、琉球の勘合 明・日本の勘合
 九、三十六姓賜与と給引通商の請願−琉球、日明通商復活交渉を仲介する
 十、殺された使臣と救われた使臣−朝鮮へ漂流した二隻の進貢船
 十一、崇禎の王銀詐取事件と白糸貿易禁止令

文献解題・・・池谷 望子・内田 晶子
あとがき・・・高瀬 恭子
索引


この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける