榕樹書林

1 新訂増補 沖縄芸能史話

Category : 琉球弧叢書

書籍名 1 新訂増補 沖縄芸能史話
ISBN番号 978-4-947667-12-0
定価 6,186円(本体5,728円、税458円)
販売価格

6,186円(本体5,728円、税458円)

購入数

矢野輝雄著 沖縄芸能の歴史を透徹したジャーナリストの眼でとらえた不朽の名著の増補決定版。 438頁 定価(本体5,728円+税)

〈目次〉

序章 嘉例吉の歌「かぎやで風」
第一章 鼓の世界−オモロとシヌグ
第二章 遠来の神々−「長者の大王」
第三章 漂白の芸人たち−京太郎
第四章 赤犬子の謎−三味線伝来
第五章 組踊り誕生−朝薫とその時代
第六章 故事を以って戯を作る−組踊り五番
第七章 組踊りの変容と回帰−朝薫以降の組踊り
第八章 女踊りの成立とその美学−古典舞踊
第九章 湛水・安富祖・野村−近世の三味線音楽
第十章 「六段」と「船頭節」−箏曲の伝来
第十一章 宮廷から市井へ−狂言と雑踊り
第十二章 新派・歌舞伎事始め−初期の演劇改良
第十三章 歌劇の発想と展開−歌劇誕生
第十四章 沖縄の「ロミオとジュリエット」−「泊阿嘉」と「薬師堂」
第十五章 帽子くまあと紡績節−大正演劇盛衰記
第十六章 珊瑚座の栄光−創作史劇
第十七章 商業演劇史を飾った人々−盛重・守良・松含・尹吉
終章 芸能における沖縄の心−戦後の芸能

あとがき
沖縄芸能史略年表
沖縄芸能関係図[沖縄全図、那覇市(昭和5年ごろ)、同劇場地図]
索引


この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける