榕樹書林

増訂 使琉球録解題及び研究

Category : 歴史

書籍名 増訂 使琉球録解題及び研究
ISBN番号 978-4-947667-60-1
定価 6,264円(本体5,800円、税464円)
販売価格

6,264円(本体5,800円、税464円)

購入数

夫馬 進編 陳侃にはじまる冊封琉球使録各種本の文献学的研究を通し、東アジア冊封体制の中での琉球の位置を再考察。琉球史及び東洋史研究家必携! 執筆=夫馬 進・藤本幸夫・岩井茂樹・松浦 章・村尾 進・井上裕正・真栄平房昭 B5、上製、218頁 定価(本体5,800円+税)

〈目次〉

増訂版によせて

目次

解題篇
  陳侃潠『使琉球録』解題・・・藤本幸夫
  郭汝霖潠『重編使琉球録』解題・・・夫馬 進
  蕭崇業・謝杰潠『使琉球録』解題・・・岩井茂樹
  夏子陽潠『使琉球録』解題・・・夫馬 進
  胡靖潠『琉球記』(『杜天使冊封琉球真記奇観』)解題・・・松浦 章
  張学礼潠『使琉球紀』『中山紀畧』解題・・・夫馬 進
  汪楫潠『使琉球雑録』『中山沿革志』解題・・・松浦 章
  徐葆光潠『中山伝信録』解題・・・岩井茂樹
  周煌潠『琉球国志略』解題・・・村尾 進
  李鼎元潠『使琉球記』解題・・・村尾 進
  斉鯤・費鍚章潠『続琉球国志畧』解題・・・井上裕正
  趙新潠『続琉球国志略』解題・・・井上裕正

研究篇
  使琉球録と使朝鮮録・・・夫馬 進
  書籍を通じてみた朝鮮と琉球の交流・・・藤本幸夫
  萬暦45年暹羅国遣明使―明代朝貢形態の様相―・・・松浦 章
  同治12、3年の上海漂着琉球船・・・松浦 章
  琉球外交史料の伝存状況について―「尚家文書」・「内閣文庫」の冊封関係史料を中心に―
  ・・・真栄平房昭

付篇
  主要図書館所蔵使琉球録関係漢籍目録・・・夫馬 進


この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける