榕樹書林

おきなわの民俗探訪―島と人と生活と

Category : 民俗・社会学

書籍名 おきなわの民俗探訪―島と人と生活と
ISBN番号 978-4-89805-197-9
定価 2,700円(本体2,500円、税200円)
販売価格

2,700円(本体2,500円、税200円)

購入数

上江洲 均著 沖縄の戦後復興の中で沖縄民俗学にめざめ、琉球大学民俗研究クラブを組織し、その後も一貫して沖縄における民俗学研究の灯をかかげ続けてきた上江洲均先生は、昨年末12月逝去された。享年80歳であった。本書は生前より最後の出版と覚悟し、待ち望んでいたものだが、3校正まで進んだ時点でのご逝去となってしまったものである。沖縄の島々に伝わる民俗の諸相を、氏は民具を媒介として深く掘り下げていく。本書ではとりわけ生まれ島・久米島に重点を置き、更には鳥島に関するまとまった論稿を提示する。本書は事実上、2008年の伊波普猷賞受賞作である『沖縄民俗誌』三部作(機Σ縄の民具と生活/供Φ彿禿腓量餌文化/掘Σ縄の祭りと年中行事)の続編と申すべきものである。先生はその長い研究生活において終始ふるさと沖縄を愛して止まなかった。文化庁在任中でも、沖縄に帰って仕事をすることを熱望しておられた。本書はその様な沖縄への想いを形にした最後の仕事といえる。 A5判、並製、244頁 定価(本体2,500円+税)

〈目次〉(抄)

序文

第一章 ムラの民俗
  一.おきなわの生活文化
  二.ムラのくらし
  三.絣文様にみる沖縄の暮らし
  四.久米島ムニー断片

第二章 祭祀の世界
  一.南島の来訪神
  二.草荘神
  三.安里盛昭著「粟国島の祭祀」に寄せて

第三章 屋敷内に家畜がいた頃

第四章 シマの記録と伝承
  一.大島征伐に出兵した久米島の男
  二.琉球の歌人・狂歌師
  三.ソテツの話
  四.南島の自然災害

第五章 硫黄鳥島の民俗調査
  一.硫黄鳥島―歴史と自然に揺り動かされて
  二.久米島 鳥島集落―集落移動の民俗史

第六章 沖縄の文化と人々の関わり
  一.『島尻教育部会廿五年記念誌』にみる明治末の社会
  二.記録にみる琉球の舟・船
  三.戦後沖縄に博物館をつくった人々


この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける