榕樹書林

李鼎元(りていげん) 使琉球記 改訳新版

Category : 冊封琉球使録集成

書籍名 李鼎元(りていげん) 使琉球記 改訳新版
ISBN番号 978-4-89805-125-2
定価 25,704円(本体23,800円、税1,904円)
販売価格

25,704円(本体23,800円、税1,904円)

購入数

原田禹雄訳注 1800年(嘉慶5)、尚温王の冊封使として来流した李鼎元の使録は、唯一の日記体による使録として知られ最も文学的香気のある使録とも評されているが、本書は1985年に言叢社より刊行した訳本を全面的に改稿した全くの新訳注版である。師竹斎蔵版の影印を完全収録。 595頁 定価(本体23,800円+税)

〈目次〉

はじめに・・・原田禹雄
序・・・法式善
序・・・楊芳燦
使琉球記・・・李鼎元

 巻一 冊封使任命から嘉慶5年3月30日まで
   拝命/紀緩問/礼部伺書/天后宮/天后加封
   出発準備/陸路出発/山東省/泰山/江蘇省
   渡河/揚州/平山堂

 巻二 嘉慶5年4月1日から閏4月29日まで
   渡江/慧山泉/王夢楼/浙江省/煙雨楼
   杭州/西湖/天后宮/西湖/杭州出発
   子陵釣台/下舟陸路/仙霞嶺/福建省/建寧府
   延平府/閩江下り/水口迎接/福州登岸/右旋白螺
   天后加封/封舟/天后勧請/迎詔儀注/兵員点検

 巻三 嘉慶5年5月1日から6月22日まで
   封舟/開洋/久米島/那覇入港/天使館
   聖廟/波上/諭祭儀注/奥武山/善興寺
   楊文鳳/首里四公子/城嶽/先王廟諭祭/山南
   臨海寺/儒艮/鶴頭山/琉球布/辻

 巻四 嘉慶5年6月23日から8月5日まで
   泉崎/東禅寺/官制/山南/銘苅子
   陳都司逝去/忠臣身替/波上/雪崎夫妻岩/壺屋
   冊封儀注/姓名/冊封礼/巡見官/国王来館

 巻五 嘉慶5年8月6日から9月19日まで
   朱薯頌/聖廟丁祭/東苑小宴/三十六島/執心鐘入
   渡地網打/中秋/円覚寺/波上観潮/南苑
   孝行之巻/天王寺/御書拝観/東苑/万歳敵討
   弁岳/山南行/護佐丸敵討/末吉/巣雲園

 巻六 嘉慶5年9月20日から帰任まで
   拝辞宴/天界寺/尚容邸/朱子筆蹟/忠藎堂
   望舟宴/弁財天堂/儀間山/毛廷柱邸/未生の縁
   老母誕生日/大城崩/奉節登舟/世子生誕/安護停泊
   安護開洋/北杞海戦/報の諭祭/奉節登岸

使琉球記 影印
索引


この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける