榕樹書林

有村の眼−社会を見つめて41年

Category : 文学・エッセイ

書籍名 有村の眼−社会を見つめて41年
ISBN番号 978-4-947667-43-4、44-1、45-8
定価 12,960円(本体12,000円、税960円)
販売価格

12,960円(本体12,000円、税960円)

購入数

有村善一著 全3巻(分売不可)A5、上製、セットケース入 定価(本体12,000円+税)

第1巻 第三の世替わりの中で(1968−1979年)

〈目次〉

本書の持つ意味・・・沖縄国際大学教授 石原昌家
大きな業績、ありむらけん・・・作曲家 普久原恒勇
都市へのモノローグ
沖縄県リゾート開発公社鳥瞰図
沖縄県リゾート開発公社鳥瞰図 補遺
私たちの図書環境
情熱の沖縄行脚
新聞投稿
  沖縄の地域振興・開発への提言/観光素材の生かし方
  県政、市町村政にもの申す/沖縄経済の活性化のために
  日本と世界の動きを見つめて/基地沖縄の来し方行く末
  国際交流・・・沖縄発展の視点/後世に残る景観・環境づくり
  こどもと老人の住みよい社会に/郷友会・・・さまざまな人間関係
  有村流ものの見方考え方/わたしの読書、執筆の周辺
  随筆集=「茶のみ話」「小卓」「からから」他
  有村善一先生の死を悼む・・・太田長秀
投稿掲載紙一覧(1968−1979)

第2巻 「地域が主役」とは(1980−1984年)

〈目次〉

有村善一著作集によせて・・・嶺倉栄光
新聞投稿
父の思い出・・・柳瀬律代
おじいちゃんとの思い出・・・柳瀬陽代
楽しかったおじいちゃんの思い出・・・有村美保
貴重な私とおじいちゃんの思い出・・・有村亜生
投稿掲載紙一覧(1980−1984)

第3巻 希望の持てる21世紀へ(1985−1996年)

〈目次〉

旅立ち・・・新屋敷弥生
新聞投稿
あとがき・・・柳瀬吉雄
謝辞・・・有村慶子
投稿掲載紙一覧(1985−1996)


この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける