榕樹書林

沖縄民俗文化論−祭祀・信仰・御嶽−

Category : 民俗・社会学

書籍名 沖縄民俗文化論−祭祀・信仰・御嶽−
ISBN番号 978-4-947667-63-2
定価 16,200円(本体15,000円、税1,200円)
販売価格

16,200円(本体15,000円、税1,200円)

購入数

湧上元雄著 沖縄民俗文化の実相を解明する珠玉の一巻全集。 菊判、上製、函入、584頁 定価(本体15,000円+税)

〈目次〉

口絵
まえがき

第一章 久高島・イザイホー
  一 南島の聖域とイザイホー
  二 イザイホー見聞録
  三 イザイホーの学問的意義―古代的な厳粛な祭事
  四 日本文学発生史と沖縄の呪禱文学―久高島のイザイホーのティルル考
  五 イザイホーを位置づける民俗概観
  六 イザイホーの神歌
  七 久高島のハンジャナシーのアーラシヘー
  八 沖縄の祭祀と世界観―久高島の事例を通して―
  九 久高島と神事―御新下りとイザイホーを中心に―
 付録一 信仰―久高島とイザイホー―
 付録二 久高島資料解題

第二章 年中祭祀
  一 西表島古見むらのプール―黒マタ・白マタ・赤マタの祭祀―
  二 南島の訪問者儀礼と仮面信仰―八重山のマユンガナシと赤マタ・黒マタ―
  三 糸満の年中行事
  四 八重山川平村の村落構造と年中行事
  五 伊是名、津堅、宮古の島々から
  六 祭祀・年中行事の位相
  七 南島民俗の諸相
 付録 沖縄の呪禱文学―八重山川平村の「マユンガナシの神口」考―

第三章 民間信仰
  一 沖縄の民間信仰
  二 沖縄の原始神道
  三 沖縄の民俗方位と他界観
  四 南島の自然崇拝と伝承
  五 沖縄の古代祭祀と他界観
  六 太陽信仰の島
 付録一 日本上代文学と沖縄の伝承社会
 付録二 おもろ地名考補遺―船越とウフジチューの話―

第四章 御嶽祭祀と伝承
  一 「藪薩の浦原」考
  二 沖縄の御嶽と伝承
  三 斎場御嶽の祭祀と伝承
  四 東御廻り
 付録 知念間切と聞得大君

第五章 エッセイ・他
  一 波上宮の由来
  二 沖縄の民衆意識と門中制度
  三 民俗エッセイ
  四 父聾人の思い出

あとがき
初出一覧
索引


この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける