榕樹書林

訳注 琉球国旧記

Category : 歴史

書籍名 訳注 琉球国旧記
ISBN番号 978-4-89805-111-5
定価 23,650円(本体21,500円、税2,150円)
販売価格

23,650円(本体21,500円、税2,150円)

購入数

首里王府編・原田禹雄訳注 1731年(雍正9・尚敬19)成立した漢文による琉球王国地誌を現代語によって訳し、詳細な注を加えた。琉球の名所旧跡、あるいは祭祀にかかわる御嶽、拝所、泉、川、港、鐘銘、そして風俗などを詳しく記述している。本書は原文が漢文体であるということと、内容が琉球国由来記と重なることもあって、軽視されるきらいがあったが、由来記より詳しい記述もあり、沖縄学研究家にとっては座右の書となるであろう。 B5、上製、504頁 定価(本体21,500円+税)

〈目次〉

はじめに・・・原田禹雄
纂修旧記当官姓氏
康熙癸巳始編番字由来記当官姓氏
琉球国旧記序・・・鄭秉哲

琉球国旧記 
巻之一 首里記、泊邑記、那覇記、唐栄記
巻之二 官職部、廃官、知行
巻之三 公事
巻之四 事始記
巻之五 古城、関梁
巻之六 島尻、中頭、国頭
巻之七 寺社
巻之八 久米嶋記、葉壁山、馬歯山
巻之九 宮古山記、八重山記

琉球国旧記 
附巻之一 神殿
附巻之二 神軒
附巻之三 嶽・森・威部
附巻之四 泉井
附巻之五 江港
附巻之六 官職
附巻之七 官爵
附巻之八 火神
附巻之九〔鐘銘〕
附巻之十 間切・村、間切・村の行政担当者、駅(番所)
附巻之十一 風俗

琉球国旧記附巻 跋


この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける