榕樹書林

汪楫(おうしゅう) 冊封琉球使録三篇

Category : 冊封琉球使録集成

書籍名 汪楫(おうしゅう) 冊封琉球使録三篇
ISBN番号 978-4-947667-39-7
定価 15,120円(本体14,000円、税1,120円)
販売価格

15,120円(本体14,000円、税1,120円)

購入数

原田禹雄訳注 1683年(康熙22)、中山王尚貞の冊封正使汪楫による17世紀の琉球王国誌、初の現代語訳。「中山沿革志」は初の琉球史書であり後の琉球史書編纂に直接の影響を与えた。影印を附す。 449頁 定価(本体14,000円+税)

〈目次(抄)〉

『汪楫使録』について・・・原田禹雄
『使琉球雑録』
  序  汪楫
  巻一 使事
  巻二 疆域
  巻三 俗尚
  巻四 物産
  巻五 神異

『中山沿革志』
  敍・・・汪琬
  序・・・汪楫
  琉球国先王廟神主序次図
  巻上
  巻下

『冊封疏鈔』

原文(康熙刊本影印)
  『使琉球雑録』
  『中山沿革志』
  『冊封疏鈔』

索引


この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける