榕樹書林

沖縄文化論 その供_山

Category : 芸能

書籍名 沖縄文化論 その供_山
ISBN番号 978-4-89805-236-5
定価 1,100円(本体1,000円、税100円)
販売価格

1,100円(本体1,000円、税100円)

購入数

長嶺安一著 本書は、2018年に刊行された『ヴァイオリニストの沖縄文化論 泡盛カンタービレ!』(ボーダーインク刊)の続編、その供峅山據廚任△襦A綾颪任蓮△海茲覆愛する「泡盛」について熱く語っていた著者だが、本書では西洋音楽史から日本音楽史、そして沖縄(琉球)音楽史の歴史を独自に比較説明しながら、沖縄音楽の特異性及びその民族性を明らかにしている。長くヴァイオリン演奏家として活躍された著者渾身の2作目!! A5判、並製、95頁(カラーグラビア7頁) 定価(本体1,000円+税)

〈目次〉

プロローグ 音楽とは
第1章 西洋音楽史
   1 赤毛の司祭(ミサをあげない司祭)
      アントニオ・ヴィヴァルディ(1678-1741)
   2 2人の共通項は何?
      ヨハン・セバスチャン・バッハ(1685-1750)
      ゲオルク・フリードリッヒ・ヘンデル(1685-1759)
   3 毒殺? 梅毒?
      モーツァルト(1756-1791)
   4 ベートーヴェン(1770-1827)とナポレオン(1769-1821)
   5 ライン河に身を投げた男と生涯独身を通した色男
   6 生涯を裕福に暮らした天才
      フェリックス・メンデルスゾーン(1809-1847)
   7 ピアノとヴァイオリンの巨匠達
   8 ロシアの音楽
   9 城塞都市
   10 大序曲1812年
   11 西洋音楽史余話
   12 その後の西洋音楽史

第2章 日本音楽史

   1 琴棋書画
   2 古代から近世へ
   3 三韓楽
   4 国風雅楽の成立
   5 今様(歌)
   6 盲僧と琵琶法師
   7 平家琵琶
   8 能楽の成立
   9 平家琵琶と薩摩琵琶
   10 尺八楽
   11 明治維新後の日本の洋楽
   12 国家 君が代
   13 日清戦争(1894-1895)
   14 蓄音機とレコード
   15 日露戦争(1904-1905)
   16 帝国劇場
   17 童謡
   18 楽器メーカー
   19 ジャズ音楽
   20 オーケストラ音楽
   21 トーキー映画
   22 著作権問題
   23 日本音楽史余話

第3章 沖縄(琉球)音楽史

   1 三線の伝来
   2 おもろ
   3 御新下りの“クェーナ”
   4 あまうぇーだの“クェーナ”
   5 打花鼓(ターファークー)
   6 木遣(チヤイ)
   7 舞方(メーカタ)三弦曲
   8 仏教の伝来
   9 路次楽
   10 御座学(うざがく)
   11 三村音韻
   12 あかいんこ
   13 組踊
   14 慶長の役
   15 湛水流
   16 湛水流の系譜
   17 聞覚流
      照喜名名仙(1682-1753)
   18 聞覚流の系譜
   19 蔡温(1682-1761)と六諭衍義
   20 屋嘉比朝寄(1716-1775)
   21 知念績高(1761-1828)
   22 当流の系譜
   23 安富祖流
      安富祖正元(1785-1865)
   24 安富祖流の系譜
   25 野村流
      野村安趙(1805-1871)
   26 野村流の系譜
   27 安富祖流と野村流
   28 伊佐川世瑞について

第4章 楽理解説

   1 黒鍵とシャープ(#)とフラット(♭)とナチュラル(♮)
   2 調子について
   3 倍音について
   4 音と音の関係、度について
   5 和音(ハーモニー)について
   6 音楽余話

第5章 比較音楽学

   1 これからの沖縄音楽
   2 音階構造から見た違い

エピローグ
写真資料編


この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける