榕樹書林

神と仏のスピリチュアルロード 生きゆく祈り・死にゆく瞑想

Category : 民俗・社会学

書籍名 神と仏のスピリチュアルロード 生きゆく祈り・死にゆく瞑想
ISBN番号 978-4-89805-239-6
定価 3,850円(本体3,500円、税350円)
販売価格

3,850円(本体3,500円、税350円)

購入数

須藤義人著 日本人がかつて、「天竺」として憧れた異郷・・・。インド・ネパール・スリランカを含む広大な空間である「ジャンブディーパ」は、日本人にとっては遙かなる魂の故郷でもあった。琉球にも海の道を通じて、ヒンドゥの神々とお釈迦様の教えは伝わってきた。私は、2017年から2019年にかけて、アジア一帯に広まった神と仏を生み出した人々の心象風景を見つめてきた。テーラワーダ仏教の一僧侶となって、授かった戒名である「ダンマクサラ」(法善) の五感と心で観察し続けたのである。生と死の瞑想をしながら、人々の「生きたいという心」と「死にたいという体」を見つめて呼吸をし、徐々に「生きゆく祈り」と「死にゆく瞑想」を日常的にしている情景に溶け込んでいった。それによって、神と仏の故郷である「ジャンプディーパ」が、日本人にとっての理想郷「天竺」になる前の〈かたち〉を知ることにもなったのである。 B5横版、並装、160頁 定価(本体3,500円+税)



この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける