榕樹書林

土地に見る琉球・沖縄の歴史―田里修教授講義録 沖縄大学地域共創叢書3

Category : 歴史

書籍名 土地に見る琉球・沖縄の歴史―田里修教授講義録 沖縄大学地域共創叢書3
ISBN番号 978-4-89805-213-6
定価 2,750円(本体2,500円、税250円)
販売価格

2,750円(本体2,500円、税250円)

購入数

田里 修(沖縄大学名誉教授)著 本書は停年を間近に控えた著者の講義を聞いた熱心な学生による録音を元に文字を起し、これに加筆修正したものである。講義の面白さと同時に、現実の沖縄社会のあり方と密接にリンクしているがゆえに、興味のつきない課題がびっしりと詰っている。その背景には、著者が大学での仕事以外にも土地をめぐる様々な場に居合わせ、調停者、助言者としての実績を積み重ねてきたことも無縁ではあるまい。本書はそのリアルな実体験をバックとして、琉球・沖縄の歴史の中に立ち現れてくる土地をめぐる様々な事象を解明しようとする。土地は即財産であり、様々な利害関係がぶつかり合う舞台でもある。税金の制度や、生産力の実像についても「御財制」や「里積記」の一端が紹介され、琉球・沖縄史研究の深さが立ち現れ、そこから新しい琉球史の姿をかいま見ることが出来るだろう。本書は単なる歴史の本ではなく、今ある現実との橋渡しの役割を果たそうとするドキュメントでもある。 A5判、並製、338頁 定価(本体2,800円+税)

〈目次〉(抄)

まえがき
第1講 古琉球の土地について
第2講 近世の日本について
第3講 入会権について
第4講 近世の琉球について
第5講 琉球の石高について
第6講 農務帳について
第7講 友寄・平敷屋事件について
第8講 夫遣いについて
第9講 大御支配方申渡条々について
第10講 名寄帳について
第11講 元文検地について
第12講 土地整理事業について
第13講 土地整理法について
第14講 戦後の所有権認定事業について
第15講 私の研究について
あとがき


この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける